オリーブオイルの効能

オリーブオイルが健康に良いってよく言われますが一体何が含まれていてどういう働きをしてくれるの?オリーブオイルって何なんだ!ってことをまとめます!

まずはどのような効能あるでしょう。

  • 悪玉コレステロールを下げる
  • 抗酸化作用
  • 便秘改善
  • 免疫力を高める
  • 骨を強くするお手伝い
  • 脳の健康を守る
  • 二日酔い防止 など

ご覧の通りオリーブオイルには沢山の色々な効能があります。どのような成分がどのような効能を生んでいるのでしょう。

オリーブオイルの成分と役割

・油本体の成分「グリセリド」98%~99%

オレイン酸/脂肪酸の7割から8割を占める。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持、増加する効能。腸の蠕動運動を促す。抗酸化作用。

リノール酸/HDLコレステロールおよびLDLコレステロールを減らし、血圧を低下させる。オレイン酸と併せて摂取することで効果アップ。

α-リノレン酸/血中の中性脂肪を下げる効能、血栓ができるのを防止する効能、高血圧を予防する効能

パルミチン酸/抗酸化作用がありビタミンAを安定させる。シワの予防血管を強化して動脈硬化を予防する効能。

ステアリン酸/抗酸化作用と美肌効果効能

・微量成分1%~2%

クロロフィル類/抗酸化作用で油を安定させる

ビタミンE/ホルモンバランスを整え自律神経を安定させる。抗酸化作用

フェノール性化合物/抗酸化作用が強く苦みや辛味のもとアンチエイジング

植物ステロール/悪玉コレステロールを減らす

香気成分/香りのもとは芳香族炭化水素類などの香り成分。

オリーブオイルの正体は!

主成分は98%〜99%を占めるグリセリドが本体でその中でも70〜80%をしめるオレイン酸が健康への効果を果たしています。その他、1%~2%は風味や色素、複数の構成物から成り立っています。そんなオリーブオイルの代表的な効能は「悪玉コレステロールを下げる」「抗酸化作用」。血中の悪玉コレステロールを減らしたり、老化の原因の一つにあげられる活性酸素の除去する働きがあります。その他にも便秘の予防や動脈硬化、アンチエイジング効果など女性にも非常に喜ばれる効能があります。

こんな人にオススメ

  • 血中のコレステロール値が高い人
  • 糖質制限している人
  • 胃もたれしやすい人
  • 便秘に悩む人
  • 老化を防ぎ、若さを保ちたい人
  • ガンを予防したい人
  • 血行が悪い、冷え性の人

オレイン酸を多く含むオリーブオイルは加熱による酸化もしにくいため様々な摂取方法があります普段の食事に少しずつ加える事で健康で若々しい身体を手に入れましょう。