健康油オリーブオイルは子供にもいいのか?

みなさんのオリーブオイルへのイメージはどうでしょう?「健康にいいっ!」ではないでしょうか。

実際にオリーブオイルには様々な健康効果があります。コレステロールの調整やダイエット効果、アンチエイジングなど、みなさんの健康イメージはオリーブオイルのそんな健康効果が作っているんです!

ただ、よく注目されているのは大人の事ばかり!そんな体にいいオリーブオイル、今から体づくりをしていく子供にもきっといい効果をもたらしてくれるはず!子供にとって、オリーブオイルとはどのような効果があり、どのように使い、いつから使えるのでしょうか?

そんな、子供メインでオリーブオイルの事を考えて見ました!

オリーブオイルがもたらす子供への効果

ここではオリーブオイルが子供へどのようなメリットがあるのかをまとめました。

オリーブオイルのオレイン酸で骨格発育

オリーブオイルに含まれるオレイン酸の効果として骨格組織へのカルシウム沈着を促す効果が骨格の発育影響する。

母乳に近いオリーブオイル

赤ちゃんが成長に欠かせない母乳。この母乳とオリーブオイルには
共通の成分があります、それはオレイン酸です。健康維持に非常に重要な脂肪酸で一価不飽和脂肪酸になります。大人では悪玉コレステロールを低下させる役割を持ったり、抗酸化力によって健康維持に非常に役に立ちます。

脳にもいい

このオレイン酸の効果はまだあり脂肪なのでようはエネルギー源になります。そしてこのエネルギー源は体を作ったりさらには脳の神経系統を構築する脳の細胞膜の構成成分に役立ちます。

オリーブオイルで子供の便秘を無理せず改善

大人は便秘でも薬を飲んだりできますが子供にはできる限り薬を飲ませたくは無いですよね。そこで「自然の下剤」と言われるオリーブオイルで子供の便秘を改善しましょう。
オリーブオイルが便秘にいいメカニズムはオリーブオイルに含まれるオレイン酸です。オリーブオイルには胃や腸が食べたものを肛門まで運ぶ、ぜん動運動を活発化させることで便秘を改善します。さらにベンにオリーブオイルが混ざり柔らかくして通りやすくしたり痛みを和らげたりしてくれます。

豊富な栄養素で体の土台作り

オレイン酸の他にオリーブオイルに含まれるのがポリフェノールです。
このポリフェノールは様々な健康効果をもたらします。
抗酸化作用をもち、活性酸素を除去する作用を持つため様々な病気に対抗する力を持っています。血流の改善、肝機能を高める、視機能の改善、細胞の活性化などよく大人になって注意するような内容ですが、子供の頃から取り組むことによって長い健康な人生の土台を作ることができます。

健康油オリーブオイルの注意点!

様々な健康効果をオリーブオイルが持っていることがわかります。
しかし、いいからと言ってなんでもありではないんです!
ここでは注意点をまとめてみましょう。

いつから取れる?

基本的に体にいいのですが離乳食をスタートさせる6ヶ月頃から
が始めましょう。完成した離乳食に2〜3滴程度入れてよく混ぜましょう。もちろん、子供の体調に合わせて様子を見ながら取り入れましょう。

どれくらい使えばいいの?

普通食が始まれば少しずつオリーブオイルを使って見ましょう。健康にいい効果を持ってはいますが油なのでカロリーはあります。摂取量は大さじ1杯までにしましょう。

オリーブオイルはなんでもいいの?

オリーブオイルには品質のランク分けがあります。オリーブオイルのランク分けここで注意したいのが「エキストラバージンオイル 」を選ぶということです。エキストラバージンオイル はオリーブ果実をそのまま潰したオリーブのジュースです。
オリーブが持つ栄養素をそのまま含んでいるのはエキストラバージンオイル だけです、他のピュアオイルなどはエキストラバージンオイル を薄めているので栄養素は全然違います。価格は高いですが将来の子供のことを考えれば迷わず「エキストラバージンオイル 」を選びましょう。

まとめ

結果エキストラバージンオイル は子供にも良い!
非常に高い栄養素を持ち体を作る優秀なエネルギー源と考えて良いでしょう。注意点をよく守って生活に取り入れることによって子供の明るい未来を作ってあげたいですね。^^

ここで、離乳食から使えて優しくマイルドなオリーブオイルを紹介します。お子様だけではなく、刺激が強いオリーブオイルが苦手なかたや、妊娠中、授乳中のママなどにも最適です。是非試して見てください。

お子様のいる家へのお土産にも非常に喜ばれますよ!

[ PR ]