ラベルがステキなオリーブオイル

「ALBERTO/アルベルトさんのオリーブオイル グリーンラベル」との出会い

今回のオリーブオイルはラベルがとても可愛い「ALBERTO/アルベルトさんのオリーブオイル」です。いつもの百貨店でいつもラベルが気になっていました。こんな可愛いオイルを使って料理したら楽しそうだなぁって事でこのオイルに決め。

「ALBERTO/アルベルトさんのオリーブオイル グリーンラベル」というオリーブオイル

オイルの名前にもなっているオーナーの「アルベルトさん」、正式には「アルベルト・ガッルッフォ」さん。この方イタリアで有名なオリーブオイルテイスターでイタリア国内のオリーブオイルコンクールの審査委員長も務めています。

原産国はイタリア。農園名は「トッレディメッツォ農園」場所はシチリアのトラパニにあります。この農園の特徴は手摘み後6時間以内に全てを絞る事です。絞り方は石臼でのコールドプレス(30度以上に温度を上げない搾り方)。この絞り方で大量生産の場合、絞っている間に酸化が進んでしまうのですが、6時間以内で絞ることで酸化を最小限に抑えることに成功しています。

その後、タンクの中に45日間置き上澄みだけを集める「ナチュラ・デカンター製法」で瓶詰めします。フィルターを通していないのでオリーブ本来の自然の風味を楽しむことができます。

この工程で作られた「アルベルトさん」のエキストラバージンオイル、オイルの酸化度合いを示す酸度(エキストラバージンオイル を名乗る場合0,8%以下が規定)が0,15%とずば抜けています。それだけ生産者の努力がうかがえる素晴らしいエキストラバージンオイルです。

裏のラベルは

オイルのタイプは「ストロング」ノッチェーラ種100%使用と言うことで味の強い料理に最適と!もちろんサラダやパンにもグッド!

やはり自慢のオリーブオイルの製法もきちんと明記されています。
手積み/コールドプレス/ノンフィルター/リーファーコンテナ(定期輸入)
あとは有機栽培の証である星の葉っぱの認定マークがついています。

実食感想

まずはいつものレタスにハーブソルトにオイルをかけていただきました。表示に「ストロング」と書かれていただけあって、しっかりとした濃厚さを感じるオイルです。

オススメの使い方に味が強い料理と相性がいいと書かれていたので、最近もらったパンチェッタと合わせたパスタに使って見ることに

まずはパスタを茹で始めます。オリーブオイルを弱火から温め、ニンニクの風味をオイルに移して行きます。そこに細長く切ったパンチェッタを投入。パンチェッタの表面が固くなるまで炒めます。

そこに茹で時間1分前のパスタを投入。少しずつ茹で汁を足しながらオイルと乳化させながら混ぜて行きます。

最後にお皿に盛り付けて「アルベルトさんのオリーブオイル」エキストラバージンオイルをかけてパセリを散らしてその上に濃厚さを出すためにパルメザンチーズをかけて完成!

濃厚な味にマイルドさが加わってさらに相乗効果でとてもバランスが取れた美味しいパスタになりました。

「ALBERTO/アルベルトさんのオリーブオイル」とは

細かい表示できちんとした品質の保証がされた「エキストラバージンオイル」です。濃厚な料理にもピッタリ。サラダなどに使っても◎!

ラベルのイラストも可愛いし、品質もきちんと保証されているのでちょっとしたお土産に良いと思います。
私も友人宅にちょこっと遊びに行った時にもって行ったら「自分ではなかなかチャレンジできなくて」と奥さんがとても喜んでました!ぜひ!