オリーブオイルの臭いを追求

オリーブオイルが苦手と言われる方は臭いがちょっと気になって嫌。とか、ピリッとした感じ嫌などが挙げられます。

ピリッとするのはエキストラバージンオイル などの特徴の1つでもありオリーブの実の品種や若いうちに摘んだオリーブから直接絞ることによる言わばそのオイルの特徴でもあるので好みの部分もあります。

問題は「匂いが気になって」という方です。その匂いの原因を探して行きましょう。

何が臭うの?

オリーブオイルの色は薄い黄緑や緑色をしています。この色はオリーブオイルの中に含まれるクロロフィル(葉緑素)によるものです。このクロロフィルは紫外線や蛍光灯の光に弱く、光を浴びると光合成をします。この光合成が進むとクロロフィルの量が減り酸化が進むことになってしまいます。この酸化によってオイルが劣化してしまい、キツイ匂いを出してしまうのです。

要は匂いの原因は紫外線による酸化によるオイルの劣化ということになります。

買ったばっかりなのに臭う

買ったばかりの「エキストラバージンオイル 」でも臭うオイルがあります。それはなぜでしょう。蓋も開けていないのに臭っている!そんなオイルの大半はペットボトルに入っていたり透明な瓶に入っていたりしています。

日本への輸入中やお店に長い間紫外線が当たる場所で陳列されていたものなどは栓を開けていなくても劣化してしまっているのです。

開封したらなるべく早く!

臭う原因がオイルの劣化でその原因が酸化ということがわかりましたね!酸化ということは当然酸素に触れれば酸化します。当然オイルを開封すれば空気に触れるので酸素と触れ酸化して行きます。

といううことで開封後はなるべく早く使い切るようにしてください。目安は1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

1ヶ月で使い切るオススメ方法

劣化してしまったら

酸化してしまったオイルはどうすれば良いのでしょう。あまりにも臭いがキツイものは破棄を進めますが。

開封して2、3ヶ月程度のものでしたら加熱する料理に使うことをお勧めします。開封後の「エキストラバージンオイル 」を加熱してしまうとせっかくの香りや風味が損なわれるのでお勧めしませんが香りや風味が落ちてきたオイルを使えば無駄なく使うことができます。

もともとオリーブオイル自体はたくさんオレイン酸を多く含むので加熱や酸化には強いオイルです。他のオイルと違って油脂が中に浸透せず表面に留まるため熱を素早く通し油っぽくなりません。炒め物や揚げ物に使うことをお勧めします。

オリーブオイルの匂いのまとめ

  • まずはオイルを買うときにペットボトル/透明の瓶などの
    入れ物を避ける
  • 開封したら1ヶ月を目安に早めに使う
  • 保管は冷暗所にて保管
  • 少し時間がたったオイルは加熱用にして楽しむ

以上のことを気にしながらフレッシュなオリーブオイルを楽しんでください。

オイルによって香りは全然違います。オリーブの実の種類や実の熟し度合いによってそれぞれの個性が出ます。香りはエキストラバージンオイルの大きな楽しみの1つなので、匂いというよりも香りとして楽しみましょう!

セールだからといってたくさんオイルを買いすぎると使い切るのが大変になってしまいます。
使いきれる程度の量を買うか、多めに買ってしまった時は大切な友人にプレゼントしましょう^^