オリーブオイルの処理方法

いくら身体にいいオリーブオイルでも、直接流しに流してはいけません。急激に冷えたオイルが固まり詰まる原因になります。さらに流れたとしても自然にとっては有害です。きちんと処理方法を覚えて、自分の健康の事だけでなく自然の健康の事もいっしょに考えていきましょう。

オリーブオイルも油なので処理方法は基本的に他の油と同じ処理方法になります。代表的な処理方法を3種類紹介します。

なお、基本的には可燃ごみか、資源ごみとして出すことになります。必ずあなたの自治体の油の捨て方を確認して下さい。今から紹介する方法は火傷の恐れがあるので、必ずオリーブオイルを冷ましてから行って下さい。

1.牛乳パックを使う

牛乳パックにキッチンペーパーや新聞紙を詰め、充分に冷ましたオリーブオイルを染み込ませます。これだけだと夏場や捨てる状況によっては高温になり自然発火する可能性があるので、オリーブオイルの後に水も染み込ませます。最後に牛乳パックの口をガムテープでしっかり密閉します。あとは燃えるゴミなど、お住いの自治体の指示に従って破棄して下さい。

2.ビニール袋を使う

レジ袋やビニール袋を使う方法です。基本的には牛乳パックと同じ方法で袋にキッチンペーパーや新聞紙を詰め、充分に冷ましたオリーブオイルを染み込ませます。その後に自然発火防止の為に水も含ませます。そして、ビニールの口を輪ゴムやテープでキチンと密閉します。最後にお住まいの自治体の指示に従って破棄します。

3.市販の凝固剤で固めて捨てる

市販の凝固剤を使う方法です。使用する凝固剤の説明にきちんと従ってご使用ください。
油を固めた後は、自治体の指示に従って破棄してください。
デメリットとしてはコストがかかるという事と、固まるまでに1時間程度の時間が必要です。
しかし、この方法は油を液体から固体に変えることができるので安全で破棄しやすい方法と思います。

まとめ

いかかがでしょうか、意外とやってみると簡単に油を処理できます。
きちんと注意点を確認してお住いの自治体のルールを確認して破棄してください。ネットで「地域 ゴミ分別 油」で検索するとわかると思います。ただ、ゴミの分別は非常に細かく分けられている自治体も多いのでなかなか油の分別までたどり着かない場合は直接コールセンターに聞いてみるのも早くて確実です。

揚げ物は簡単で美味しい調理法のひとつですが、油の廃棄が大変でなかなか揚げ物を避ける方も多いのではないでしょうか。オリーブオイルで揚げ物をすると油が素材の表面に止まり油っぽさがなく、サッパリした仕上がりになります。さらにシーフードなどの生臭さを消してくれる効果も!

オリーブオイルを色々な使い方をしてオリーブオイルの魅力を引き出してください^^