オリーブオイルで便秘とさようなら

皆さんオリーブオイルがなんとなく身体にいい事はご存知ですよね?そんなオリーブオイル、便秘にもいいのです!トイレの心配をしながらの旅行や、急な転勤や新しい生活環境の変化でなかなか便秘が解消できない!そんな悩みを「オリーブオイル」がなぜいいのか、何が効くのか、どうすればいいのか、注意して欲しい事を説明して行きたいと思います。便秘を改善してのびのび楽しい生活を手に入れましょう。

なぜ便秘に効くの?

それはオリーブオイルに含まれる様々な成分がもたらす効果がその理由です。オリーブオイルの主成分は7割が「オレイン酸」です。この「オレイン酸」は不飽和脂肪酸に分類される脂質で抗酸化作用や悪玉コレステロールを下げたりする効果があります。オリーブオイルの効能

この「オレイン酸」吸収されるのに時間がかかる特徴があり、腸にまで届きます。そして腸までたどり着いたオレイン酸は蠕動運動を促します。
この蠕動運動(ぜんどう運動)とは消化管が食べ物を送るために、伸びたり縮んだりと収縮する動きのことです。蠕動運動がしっかり行なわれていないと便が腸のあちこちに停滞してしまい、停滞した便が腐敗、腸内細菌の悪玉菌が増え、腸内環境がさらに悪化し、便秘がどんどん悪化してしまいます。
そんな蠕動運動を手助けするのが「オレイン酸」なのです。

さらにオリーブオイルには「滑腸作用」があります。この作用は便とオリーブオイルが馴染んで、便の滑りを高め、スムーズに便が移動できるようにます。

要するにオリーブオイルは腸の働きを高め、スムーズに便を移動させることによって便秘を改善するということです。

オリーブオイルを「いつ」「どのくらい」「どのように」摂取すればいいの?と注意!

いつ・・・・・・・1日1回朝か夜寝る前

どのくらい・・・・大さじ1杯、多くて2杯

どのように・・・・そのまま飲む/好きな飲み物に混ぜて飲む

いつ飲めばいいの?

一番いいのは朝。腸が最も活動しているこの時間に摂取。
ただし腸に何も入っていない状態なのでオリーブオイルだけを飲まず、食事と一緒に摂取します。食物と混ざり合って腸まで届けます。

次にオススメは夜の寝る前です。寝ている間に腸の環境を整えます。
こちらは食べ物を取らずに摂取してください。

どのくらい飲めばいいの?

1日の摂取量は大さじ1杯です。
少なすぎると効果がないし、多すぎるとカロリーオーバーになってしまいます。ちなみにオリーブオイル大さじ1杯のカロリー量は111kcalのカロリーです。なんでも取りすぎには注意してください。

どの様に飲めばいいの?

飲み物だとスプーン1杯をそのまま飲む、ココアに混ぜる、スムージーに混ぜる。
そのまま飲んだり飲み物に混ぜて飲むことをお勧めします。特にオススメはスムージに混ぜることです。毎日飲み続けるものなので色々な味のスムージーに混ぜて楽しんではいかがでしょう。
食べ物だと豆腐にかけたり、納豆にかけて食べる方法です。納豆は水溶性食物繊維がたっぷり含まれているだけではなく、腸内環境を整える納豆菌も豊富に含まれているのでオリーブオイルとの相乗効果で非常に効果的です。

注意して!

摂取量

効果が現れたからといって過剰に摂取するのは厳禁です。なぜならオリーブオイルにはたくさんの脂質が含まれているからです。当然摂取しすぎるとカロリーオーバーになってしまいます。多く摂取する場合でも大さじ2杯までにしましょう。

便秘には「エキストラバージンオイル 」

飲むオリーブオイルは必ず「エキストラバージンオイル」。精製せずに果実をそのまま絞って作られるエキストラバージンオイル は便秘改善の要素である「オレイン酸」が多く含まれているからです。「エキストラバージンオイル」以外は精製するので脂肪酸の保有量が減ってしまい便秘への効果も減少してしまいます。
「エキストラバージンオイル」はコストがかかりますが豊富な栄養成分を含んでいるので絶対「エキストラバージンオイル 」を選んでください。

効果が出るまで続けましょう

オリーブオイルを摂取し始めてもすぐに効果は現れません。
個人差はありますが大体5日〜10日ほどかかります。ゆっくりと体に作用していくので気長に取り掛かりましょう。

まとめ

  • 摂取量は大さじ1杯、多くて2杯
  • タイミングは朝か夜の寝る前に摂取
  • オリーブオイルの種類は「エキストラバージンオイル」を使用すること
  • 効果が出るまでつづける

「自然の下剤」と言われるオリーブオイル。あくまでも便秘改善をサポートするものです。便秘にならない食生活や生活習慣にも注意しながら上手にオリーブオイルと向き合い、楽しみながら便秘改善に取り組んでください。