さらっと癖がない万能オイル

茶色の小瓶に金のラベルの「サンチャゴ/SANTIAGO」はチリ産のエキストラバージンオリーブオイル。南半球で作られたオリーブオイルはどんな感じなんでしょう!

「サンチャゴ/SANTIAGO」というオリーブオイル

サンチャゴとはチリの首都名!中途半端なオリーブオイルを作ってはチリの人達が許さないでしょう!その品質はというとオリーブを収穫から4時間以内に農園の工場で搾取する徹底ぶり。

使用しているオリーブはラテンの太陽を浴びた3種のオリーブ(アルベキーナ、フラントイオ、レッチーノ)を絞りブレンドしています。

そもそも、チリという国はワインの名産地でもあります。なぜかというとヨーロッパにいる害虫がほとんどいないのです。当然余分な農薬に頼らずに高品質のオリーブオイルやワインが作れるんですね。

このサンチャゴは数多くの国際コンテストで金賞を獲得しています。

2008年、2009年、2011年のイタリアの「ベローニャ国際オリーブコンテスト」で金賞を受賞。

「ロサンゼルス国際オリーブオイルコンテスト」「国際食品見本市カナダ大会」など数多くの国際コンテストで金賞を受賞。

日本のコンテストでも「2012オリーブジャパン」で金賞を受賞しています。

そんなサンチャゴ、風味も良く、ほんのりピリッとした辛味が特徴。

いざ、実食!

実食感想

あまり癖がないので、

ペペロンチーノ&セブンの生ハム

今回調理中の写真がありません^^;

ペペロンチーノにセブンイレブンの生ハムをトッピング!

オリーブオイル自体にあまり癖がないので見事に料理を引き立ててくれます!そこまで辛味がないので、パンチはありませんがほんのり風味があって飽きのこないパスタに仕上がりました!

もう一品

頂き物のミニトマトでフレッシュパスタ

今回は写真あります!

材料は

  • パスタ
  • オリーブオイル/サンチャゴ
  • ミニトマト
  • パルメザンチーズ

まずはミニトマトを湯むきして、面倒ですがなかの種と緑の部分をスプーンで取り除きます。

オリーブオイルがあったまったらみじん切りにしたニンニクを入れます。

※同時にパスタを茹でる鍋に火をかける!鍋の中には舐めて塩味がわかる程度塩入れます。

ニンニクが少し色がつき始めたところでミニトマトを入れます。

ミニトマトを入れたタイミングでパスタを投入!

ミニトマトの形が崩れてきたところで、パスタの茹で汁おたま一杯分入れます。その時、塩ひとつまみ。

少し2、3分したらオリーブオイルをひと回し入れてぐるぐる混ぜて乳化させます。これがパスタのソースになるので味を調節しましょう。味が薄い場合は塩を入れてください。

ソースができたらパスタを投入!ぐるぐる混ぜて馴染んだらパスタの茹で汁をおたま一杯分入れてぐるぐる混ぜてください。

馴染んだらパルメザンチーズをお好みでかけてぐるぐる混ぜてください。

お皿に盛り付けて完成!

 

「サンチャゴ/SANTIAGO」というオリーブオイルとは

癖が少ない万能オイル。バランスよくまとまっていて特徴がない事がこのオリーブオイルの特徴かと!どんな料理にも合う万能オイル!

注)決して風味がないわけではありませんよ!

サラダに、パスタ、パンに、豆腐まで食のジャンルを選ばない万能オイルと思っていいでしょう!

そんな万能さが色々な国際コンテストで金賞をとっている理由なのかもしれません!常備オイルにノミネート間違いなしです。

[ PR ]